パシュミナメイン

パシュミナ100% 大判ストール

¥56,000 (税抜き) sold out

  • 素材:パシュミナ
  • サイズ:86.5cm×196cm(フリンジ除く)
  • 色:White

今回持ち帰ったパシュミナは一度も染めていない、ラダックの白いパシュミナ山羊の毛だけを紡いだナチュラルなもの。年間8枚作るのが限界という中で、2枚だけ持ち帰ってきました。


手つむぎ手織りのパシュミナはほとんどここでしか作られていないと言っても過言ではありません。
一般的な羊のように毛刈りをせず、櫛で梳いて得るパシュミナウールは毛足が短かく、手つむぎにも大変な技術を要します。ラダックで小さな頃から手つむぎの技術を身につけた女性たちによって紡がれ、織られています。ラダックにある素晴らしい文化を継承したいという気骨ある女性たちの試みを日本に広めたくて、仕入れました。 正真正銘のフェアトレードです。
一度も染めていない白いパシュミナ山羊の毛だけで織られた稀少な大判ストールです。 オ―バーコートのようにすっぽり身を包んであたたか。
この冬のワードローブのひとつにしてみませんか?
限定1枚のみの特別販売です。

 

 

 

 

 

パシュミナイメージ
パシュミナイメージ2

パシュミナ100%中判ストール

¥43,000 (税抜き)

  • 素材:パシュミナ
  • サイズ:54cm×194cm
  • 色:生成り(白)



Story

 

パシュミナ礼参

 

30代のはじめのころ。

とてもおしゃれな先輩と出会った。
彼女は、冬の京都でノースリーブのワンピースにコートを着て、薄手のウールのストールをさりげなく内側に巻いていた

料理店に入ると、彼女のストールは無造作にバーキンの中に押し込められていたたたむのではなくて、くしゃっとまるめて放り込んである。 でも、外に出て首に巻くとシワひとつなくて、ふんわりと首元を引き立てている。鏡を見て巻いたのではなく、さりげなく巻いていて、とてもいい形になっている。

なぜ? と思った。
上質なものの威力を知った瞬間だった。

布への執着が生まれたのも、もしかしたらそのときだったかも。

カシミアが好きだった。
でも、その、もっともっとエレガントな布の正体を突き止めたくて必死だった。

インドのヒマラヤで噂に聞いていたパシュミナ100%の素材に出会ったのは、3年程前だ。
薄手のきれいな色のストールをお土産として買って帰った。

でも、ちょっと違う・・・どこか違う・・・

そんな繰り返しの中で、昨年、旅の途中で偶然、アングモさんのパシュミナに出会えたのは、奇跡だったのではないだろうか。

お土産物屋さんでは決してみかけないそのパシュミナは、手つむぎ手織りという
インドにあっても、非常に珍しいものだった。

今回持ち帰ったパシュミナは一度も染めていない、ラダックの白いパシュミナ山羊の毛だけを紡いだナチュラルなもの。年間8枚作るのが限界という中で、2枚だけ持ち帰ったのだった。